FC2ブログ
dj_top

  

Author:swing

このブログは日常の出来事など について気ままに書いてい ます。
趣味はJAZZライブに行くこと、映画鑑賞です。
英語の勉強中

映画 ドラマ TV 舞台 (164)
日常 (79)
未分類 (318)

お気軽にどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

http://unchorwoman.blog19.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
web拍手
編集[管理者用] このページのトップへ 
2011.07.13(Wed) 23:32



試写会を見てきました。
最近のジブリのファンタジー系作品は好みではないのですが、
今回は良かったですよ!!
時代は昭和、オリンピック開催前の日本が高度成長期の頃です。
ですからノスタルジックな趣もあり大人向きのアニメだと思います。

恋愛映画なんでしょうが、私は娘と亡くなった父親の物語だと思いました。
『お父さんがあなたを贈ってくれたと思う事にした。』
この言葉に深い意味が込められているように思います。
そう考えると脚本が秀逸です。

学校の歴史ある建物の解体を阻止しょうと奮闘する学生たちが活き活きと描かれ、
学園内の活力ある映像、画力はジブリならではと思います。
音楽もジャズっぽいものから昭和の歌謡曲のようなものが使われグッドです。

声優に関しては主演二人とも良かったです。
特に岡田君は匂いが全くしませんでした。
父親役の大森さんですが、台詞ありは3シーンくらいだったと思います。
私はですが、あの風貌からすると声があっていなかったと思いました。

万人受けではないかもしれませんが、縁とか絆とか親子愛とか、
そんなことを考えてしまう良い映画でした。



そして映画『ラビット・ホラー3D 』のフォトギャラリーあります。

eiga.com

大森さんの画像は2枚。
医者役なんですね。いい感じ!
戦慄漂ってますね~。
ホラーって言ってもウサギのぬいぐるみが出てくるんじゃそんな怖くないでしょー、
って思ってましたが、これ見ただけで怖さ伝わってきます。
HPで血だらけのウサギのぬいぐるみがバサッ!と落ちてくるのも気持ち悪い。
結構怖すぎる映画かも知れません。
一人では行けそうにありません(笑。



スポンサーサイト
 
web拍手
Trackback(0) Comment(0) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2019 The Way We Were, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。