FC2ブログ
dj_top

  

Author:swing

このブログは好きな俳優さんのことや日常の出来事など について気ままに書いてい ます。
余暇には映画を観たり音楽を聴いたりパンやお菓子を作っています。
映画は洋画も邦画も大好きです。
音楽はJAZZ・R&B・インストゥルメンタルが好みです。

TV


MOVIE


TV


MOVIE


大森南朋 (112)
ハゲタカ (77)
笑う警官 (24)
龍馬伝 (51)
スイートリトルライズ (6)
プリズナー (16)
映画 ドラマ TV 舞台 (166)
俳優 (23)
日常 (79)
手づくりパン・ケーキ (7)
未分類 (2)
sports (0)

お気軽にどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

http://unchorwoman.blog19.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
web拍手
編集[管理者用] このページのトップへ 
2011.07.03(Sun) 23:40
SUPER 8/スーパーエイト



館内が明るくなって私のすぐ後ろで「こんなもんだよねー」っと言うのが聞こえた。
ほのぼのとしたファンタジーものを期待して行ったんだけど、
地球外生物が出てくる映画って難しい。
いくら良く出来ていてもそれが正体を現した途端しらけちゃって。
元祖、『エイリアン』は例外ですけど。

8mm映画作りに没頭している少年たちが、撮影中に偶然にも貨物列車が脱線・炎上する
大事故を目撃し、そこから軍の秘密を知る事となり、
仲間の一人(好きな女の子)を助けに行くというストーリー。

『未知との遭遇』や『E.T.』を連想させるシーンがあり、
これはスピルバーグへのオマージュ作品だなと思いました。
ノスタルジックな雰囲気や、子供たちが冒険するみたいなところは
『スタンド・バイ・ミー』に通じるし、新鮮味に欠ける作品です。

少年とエイリアンが心を通じ合わせるところや親子の再生も唐突で、
感動には程遠かったし深く感じるものがないんですよね。
唯一ほろりとしたのが、ジョーが母親の死をようやく受け入れる事が出来たと思われるシーン、
形見のネックレスが宇宙船に吸い寄せらせてしまうところは良かった。
そしてエル・ファニングが飛び抜けて光ってました。

満足度低めの映画でしたけど、子供たちが生き生きと描かれていたし可愛かったので
こんなもんだと納得する事にします。
エンドロールのゾンビ映画がおもしろい!




スポンサーサイト
 
web拍手
Trackback(0) Comment(0) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2018 In The Mood, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。