FC2ブログ
dj_top

  

Author:swing

このブログは日常の出来事など について気ままに書いてい ます。
趣味はJAZZライブに行くこと、映画鑑賞です。
英語の勉強中

映画 ドラマ TV 舞台 (164)
日常 (79)
未分類 (318)

お気軽にどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

http://unchorwoman.blog19.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
web拍手
編集[管理者用] このページのトップへ 
2011.03.02(Wed) 23:46
2011年アカデミー賞の各賞が決定しました。
やはり『英国王のスピーチ』が強かった。
主要結果は以下の通り


作品賞:『英国王のスピーチ』
監督賞:トム・フーパー『英国王のスピーチ』
主演男優賞:コリン・ファース『英国王のスピーチ』
主演女優賞:ナタリー・ポートマン『ブラック・スワン』
助演男優賞:クリスチャン・ベイル『ザ・ファイター』
助演女優賞:メリッサ・レオ『ザ・ファイター』
オリジナル脚本賞:『英国王のスピーチ』
脚色賞:『ソーシャル・ネットワーク』
長編アニメーション映画賞:『トイ・ストーリー3』

アカデミー会員たちが『ソーシャル・ネットワーク』をどう見るのか注目していましたが、
ふたを開ければ主要部門は『英国王のスピーチ』が制しました。
『英国王のスピーチ』がどんなだかは、これから見ようと思っているので分かりませんが
『ソーシャル・ネットワーク』が作品賞獲ったら嫌だなと思っていたので、
とりあえずこの結果に良かった~と思いました。

俳優部門は受賞者全員が“初オスカー”なんだそうですが、
この顔ぶれからして今まで受賞していなかったのが不思議に思いました。
助演男優賞についてはジェレミー・レナーが獲れなくて凄く残念です。
ですがクリスチャン・ベイルなら納得できるかもしれないなと。
『ザ・ファイター』は助演W受賞なんですよね。
脇が両方受賞なのでこれはかなり見ごたえあるんだろうなと期待してます。
クリスチャン・ベイルは激しい役作りで有名ですが、今回もウエイト調整はもちろんのこと
外見作りは凄かったようです。
タイトルから分かるようにスポーツ映画ですが、兄弟の愛と再生のドラマでもあるようです。
こういうの私の好みです。
3月末の公開ですが是非見に行きたいですね。

洋画の見たいのがたくさんあって邦画はなかなか見に行けないのが現状です。
映画『莫逆家族~バクギャクファミーリア~』の現場初公開でヤンキー姿見ました。
写真が小さくて分かりづらかったですが《apa blo.》で確認できました。
一人白の特攻服で目立ってますね~。
いやぁ~なんかみんな可愛いっていうか、コスプレっぽい。
むしろ後ろにいらっしゃる元暴走族の方々のほうがリアルな雰囲気醸してます(笑。 
みなさんエキストラだそうですが、先日見た映画『ザ・タウン』のアフレック監督も
元犯罪者をエキストラに起用してリアルな世界観を追求したとか。
そういう意味ではこの映画も私の知らない世界がリアルに描かれるのではと楽しみです。



スポンサーサイト
 
web拍手
Trackback(0) Comment(0) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2019 The Way We Were, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。