FC2ブログ
dj_top

  

Author:swing

このブログは日常の出来事など について気ままに書いてい ます。
趣味はJAZZライブに行くこと、映画鑑賞です。
英語の勉強中

映画 ドラマ TV 舞台 (164)
日常 (79)
未分類 (318)

お気軽にどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

http://unchorwoman.blog19.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
web拍手
編集[管理者用] このページのトップへ 
2011.01.26(Wed) 20:14
先日ゴールデン・グローブ賞の発表があり、下馬評通り映画『ソーシャル・ネットワーク』が
作品賞、監督賞を含む4冠に輝いた。
私も公開前から評判の高さを聞いていたので楽しみにしていました。

『ソーシャル・ネットワーク』


二つの裁判を通じ回想する形をとりながら、交流サイト「フェイスブック」誕生の裏側を描いています。
期待した割にはふつうの映画だった。
今や6億人のユーザーを持つ世界最大のSNS「Facebook」を19歳で誕生させ、
最年少の億万長者となったマーク・ザッカーバーグのサクセスストーリーという側面もある映画ですが、
すごいわー!といった驚きはなく感動もありません。

思うに主人公がつまらないのです。
とにかく人間味が感じられないんです。
コミュニケーション能力に欠き自信過剰、アイデアを盗用したり友を妬んだり裏切ったり、
振られた彼女の悪口をブログに書いたり、そうした行為は人間らしいとも言えますが、
喜怒哀楽の感情表現が乏しく、自己中心的で人間としての未成熟さを感じます。


彼が失ったと思うものがあるとしたら、それは全て自業自得な訳で
莫大な富を得たけれど冒頭とラストを見れば、彼が本当に欲しいものを手に入れたかどうか分かります。
人と繋がる事が出来るものを作ったけど彼は孤独です。
最後元カノ、エリカのページを何度も更新する姿は滑稽です。

やっぱり主人公っていうのはどんな人間であれ、どこかしら共感するところが無いと
見ていてつまらない。
彼の変人っぷりが前に出過ぎて天才としての凄さがあまり感じられません。
彼の内面的な描写があまりにも少なかった。
かなり創作の部分もあるようで実在がこういう人かどうかは分かりませんが、
現在活躍中の人物を描くのって、ある意味難しいかも知れない。

監督はデビッド・フィンチャーです。
エンターテインメント性の高い作品を得意とする映画監督だと思っていたので、
この映画はちょっと意外に感じました。

専門用語が数多く飛び交うし、インターネットとか興味が無い人には受けないかも知れません。

昨日アカデミー賞候補が発表されましたが、前哨戦と言われるゴールデン・グローブ賞を
獲ったからと言って、簡単に獲れないのがアカデミー賞作品賞です。
どういう結果になるのか・・。
個人的には『トゥルー・グリット』が獲ったら良いなと思っています。



スポンサーサイト
 
web拍手
Trackback(0) Comment(0) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2019 The Way We Were, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。