FC2ブログ
dj_top

  

Author:swing

このブログは好きな俳優さんのことや日常の出来事など について気ままに書いてい ます。
余暇には映画を観たり音楽を聴いたりパンやお菓子を作っています。
映画は洋画も邦画も大好きです。
音楽はJAZZ・R&B・インストゥルメンタルが好みです。

TV


MOVIE


TV


MOVIE


大森南朋 (112)
ハゲタカ (77)
笑う警官 (24)
龍馬伝 (51)
スイートリトルライズ (6)
プリズナー (16)
映画 ドラマ TV 舞台 (166)
俳優 (23)
日常 (79)
手づくりパン・ケーキ (7)
未分類 (2)
sports (0)

お気軽にどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

http://unchorwoman.blog19.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
web拍手
編集[管理者用] このページのトップへ 
2016.02.08(Mon) 17:54
オデッセイ

リドリー・スコット×マット・デイモンの映画ということで楽しみにしていました。
一人火星に取り残された主人公が、何年か先の救助に備えてサバイバル生活をするという物語です。
地球を救うためとか、誰かを助けるためとかいうSF映画は今までにもずいぶんありました。
『ゼロ・グラビティ』と重なるシーンもあったりして。
なので見終わってまあまあこんなものよねと思いました。でも何か清々しいというかね。
ストーリー的には目新しくはないけど、
物語のシチェーションからして深刻な状況なのに、悲壮感や緊迫感があまり漂ってなくて。
とにもかくにも主人公のポジティブさがそうさせるのでしょう。
劇中のディスコミュージックもイケてて、私自身もノリノリに(笑)
NASAの人たちも、脱出したクルーも結構淡々と描かれている。
ある意味、既存の宇宙物とは一線を画すのかもしれない。
ワトニーのキャラクターがそうさせるんだけど、マット・デイモンのイメージキャラも大きくはたらいていると思う。
知的だけど嫌味がない、庶民派な役者さん、真面目で誰からも好かれるイメージがあります。
(盟友と言われているベン・アフレックとは違いますよね)
そう、まさに主人公ワトニーそのもの!ナイスな配役です。
『インターステラー』にもマッド・デイモンとジェシカ・チャステインはでてましたね。
あの映画に悪役で出て来たのは意外で、なんでマット?と思いましたが、小物感漂う演技が良かった。
今年のアカデミー賞では主演男優賞にノミネートされています。
いつかは取れる俳優さんだと思っていますが、とれるといいな。
レオ様が今度こそといわれてるみたいだからどうなるか、発表が楽しみです。

それとこの監督さん、痛いシーンが好きですよね。
『プロメテウス』では主人公が自分で帝王切開手術するという、結構ショッキングなシーンが・・。
今回も自分でおなかに刺さった金属片を抜くシーンがあって、それはもう痛そうで、
マットの演技が上手いんだけど見てられなかった。
クリップで裂傷箇所止めてました。『プロメテウス』でも主人公がカチカチッって止めてたっけww
映像はとても美しく、さすがリドリー・スコットです。
監督賞は残念ながらもれましたけど、作品賞にノミネートされてるので頑張ってほしいです。

マットはボーンシリーズが再開するようですし、監督は『プロメテウス』の続編を撮るようだし、この二人から今後も目が離せません。




スポンサーサイト
 
web拍手
Trackback(0) Comment(0) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2013.05.06(Mon) 21:20


今年も庭の目立たぬ場所ですずらんが咲いていました。


 
web拍手
Trackback(0) Comment(0) 
Category:日常 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2013.04.24(Wed) 14:13
IMG_0661.jpg

20日、名作の舞台裏「マークスの山」公開セミナー参加のため、横浜に行ってきました。
前日から行って、その日はこのバスに乗って観光しました。
とても可愛いバスなんです。
名所を巡回していてバス賃は100円でリーズナブル。

見たいスポットで降りて、また次のバスに乗るといった感じで、
中華街・元町・赤レンガと定番を回ってきました。
もっと見たかったんですがその日は凄く寒くて早めにホテルに入りました。
久しぶりの保養になりました。

名作の舞台裏公開セミナーはこれで二回目です。
五年前に「ハゲタカ」で参加しました。
今回も楽しいセミナーでした。
様子を書こうと思います。
全くメモをとらずにじっくり上川さんをウォッチしていたので、
うろ覚えで正確さに欠くかもしれませんがお許しを~。

「遺留捜査」の撮影を抜けていらしたそうで、糸村さんの衣装とヘアースタイルでした(ウットリ)
いや~上川さんって、やっぱ真面目な人なんだなーって実感しましたね。
どの質問にも一生懸命考えながら答えていて、
言葉が出るまでに間が空くこともしばしばで、誠実さを感じました。
まさに委員長(笑
プロデューサーの青木さんと水谷監督もべた褒めでした。
wowowでは上川さんが出演のドラマは、てっぱんだって言ってました。
青木さんが、8年前に初めてお会いした時とその後仕事を一緒にするたびにお会いしても
人間的に全く変わってないって絶賛でした。
水谷監督は、役に対していろんなパターンを持ちながらも、
白紙の状態で撮影に臨む演者としての上川さんの凄さを褒めていました。

それとミネラルウォーター"evian"がテーブルに配られてあったんですが、
上川さんが結構飲まれてて、私は残量が気になっちゃって(笑)
ボトルが空いちゃったので、もう一本持ってきてくれるのかしら?なんて
心配しちゃいましたが、なんとか足りたようでした(笑

私の座席は前から3列目で上川さんの正面だったのでよく見れました。
開場2時間半前から待ってた甲斐がありました。
でももっと前に来ていた皆さんのパワーには圧倒されましたね。
いつも上川さん関連のイベントで皆さんご一緒になるんでしょうね。
ネットワークができてると思えるほどで、皆さん仲良しで熱いんです!
青木さんが言ってました。
今年ファンでも来年は変わってしまうのは常だけど、
上川さんのファンはころころ変わることなく、来年もファンであり続けるんだと。

ファンの方が「遺留捜査」のチラシ入りティッシュ&マスクを私にもくださいました。
有難うございました。

9月は舞台「真田十勇士」 を観に名古屋へ行く予定です。
またファンの方とお会いできたら嬉しいです。



 
web拍手
Trackback(0) Comment(0) 
Category:俳優 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2013.04.23(Tue) 20:15



ウォーキング途中に藤の花が咲いています。
地味ではありますが何とも紫色の花に惹かれてしまいました。

 
web拍手
Trackback(0) Comment(0) 
Category:日常 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2013.04.17(Wed) 20:26



今年も庭のボタンが開花しました。
美人の形容になるだけあって、とても華麗です。
でもあっという間にしぼんでしまうのがはかない限りです。


久しぶりに更新しました。
陽気も良くなってきたので新たな気持ちでぼちぼちとやろうかと思います。
この週末、名作の舞台裏「マークスの山」公開セミナーに行ってきます。
運良く、当選しました\(^o^)/
上川隆也さんの生トーク、楽しみです。
今夜から「遺留捜査」も始まりますね。
前日から横浜に行って、その日は観光する予定です。
天気も良さそうだし楽しんできたいと思います。




 
web拍手
Trackback(0) Comment(0) 
Category:日常 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.10.06(Sat) 23:54



ジェレミー・レナー主演作『ボーン・レガシー』を観に行ってきました。
『ハート・ロッカー』以来、彼の大ファンです。 
〈ボーン〉シリーズの最新作ですが、前シリーズはスクリーンでなくTVで見ました。
マット・デイモンは好きな俳優さんだけど、私の中では人間ドラマのイメージが強くて
彼のアクションものはどうもしっくりこない。
でも世界中で大ヒットしたみたい 。

ストーリーはCIAが極秘裏に行なっていた暗殺者養成プログラムによって造られた
ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)が自分の過去と国家の巨大な陰謀を
暴いていくというものだった。
今回は前作で国家機密が暴露されたことにより、他の計画が明るみになることを恐れ
全てのプログラム消去のため、別の計画で作られた暗殺者アーロン・クロス
(ジェレミー・レナー)の暗殺実行が前作と同じ時間軸で展開していくというもの。

見終わって思ったのは単に逃走劇だったな~と。
まぁ今回は始まりで、今後深部に迫って行くんでしょうが・・。
話の展開は単純だったけどそれはともかく、ジェレミー・レナーがカッコイイの!!
ハンサムじゃないけど魅力あるんですよ。なんかセクスィーなのよね。
アクションもスタントなしでこなしたそうで、身体能力の高さを認識しました。
でもね、アクションもカッコいいけど、何かに集中している時の顔が私は好き!
偽造パスポート?を造っているとことかね。
『ハート・ロッカー』で懐中電灯を口にくわえるシーンがあったけど、この作品にもあったわ~。

そしてなんとエドワード・ノートン様が極秘プロジェクトの黒幕として出ているではないですか!
ノートンは『真実の行方』以来の大ファンです。この方はとってもハンサムです!!
ですがちょっと老けた?って感じだったけど、とは言え元が良いので私的には問題なしです。
相変わらずスタイリッシュね。
端正なマスクの裏に隠された人間の狂気とか冷徹さを持つ役はまさに彼にぴったり。

レナーと逃げる博士役のレイチェル・ワイズは、『ハムナプトラ』で見たくらいですが
濃い女優さんだなぁという印象だったけど、ここではナチュラルでとても綺麗だわ。
恐怖におののく迫真の演技がリアリティがあって良かったし、
検体としか見ていなかった彼に対して、心情的に徐々に変化して行くのが表情からうかがえ
今後の二人の関係も気になるわね~。

ノートンとの関係やレナーの過去などもこれから明かされていくんでしょう。
前シリーズのファンにとってはいろいろ感想はあるかもですが、私は十分堪能しました。
大好きな二人が共演なので次回も期待しちゃうわ。
マニラの雑踏の中でのチェイスは、めまぐるしいカット割り編集やハンディカメラが
効果的に臨場感や緊迫感を作り出し目が離せなくなるほどで、
ハラハラドキドキ楽しめる娯楽映画でした。

 
web拍手
Trackback(0) Comment(0) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2018 In The Mood, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。